『バイオ RE:2』Zver.プレイレポート⑪~弾(ネタ)切れ~

Zバージョンなので、グロテスクな画像が出てきます。苦手な人は注意!

biohazardre2プレイレポート11

しかし果たしてこれを見ている人間はいるのだろうか。誰かが目にする機会はあるのだろうか。わからない。でも、誰かが読むことを願って、『バイオハザードRE:2』の“プレイ”レポートを書き留めたいと思う。そう、これは“play”であり“pray”でもあるのだ。祈りはいつか届くのだろうか。誰かの助けになることはあるのだろうか。それは書いてみなければわからない…。
必殺バーニングクロー

串刺しレオン

強靭!無敵!最強!スーパータイラントが強すぎる件について!G3でもうだいぶ精神力使っちゃったからか、まるでお話にならない。岩が降ってきて逃げ道ふさがれるし、岩に隠れたら岩ごと粉砕されるし、ある程度ダメージ与えたと思ったら右爪に串刺しにされるし、もう何度繰り返したのか…。火炎放射器は今回はダメっぽい。マグナムは2発だけだし、的確に心臓に当てないと怯みさえしない。ショットガンは近づかないとまるでダメージを与えられないし、結局、ハンドガンが最適解のようだ。なるほど、やはりハンドガンの弾が大量に置かれていたのはそういう理由だったのか。3連バーストだからダメージは少なくなさそう。遠くからでも当たるし、残弾数を気にしなくていいのは安心だ。ここへ来て、ようやくハンドガンが日の目を見ることになった。

セーブ地点からやり直し

もう何度繰り返しただろう…

しかし、勝てるかどうかは別である。敵の必殺バーニングクローを回避しなければ、勝つことは絶対にできないようである。うまく岩のほうに誘導し、そこで塞き止められれば、チャンスができる。が、それが難しい。岩をそのタイミングまで温存できないし、温存しておけば逃げる邪魔になる。うーん。この動きの遅いDANGERレオンで、アクションゲームっぽいことをやらされるのはなかなかに苦痛だ。スーパータイラント戦直前からのやり直しなら、リトライはそんなに面倒ではないかもしれない。でも、HARDCOREはタイプライターからなので、イビー×3を焼き殺しタイラントから逃げ2回ムービーを飛ばしてアイテム整理を行う必要がある。実に面倒である。とは言え、まるで勝機が無い訳ではない。ほんのわずかであるが、光明が見えてきた。

安定のYOU ARE DEAD

もう何度死んだだろう…

奴のバーニングクローには予兆がある。距離を置いておけば、予兆がきた瞬間に閃光手榴弾で阻止できるのだ。幸い閃光手榴弾は3つ残っている。岩を破壊されていた場合、閃光を使えばいい。よし!閃光手榴弾だけに一筋の光が見えてきたぞ。これはいける!もうかれこれ1時間半。そろそろ終わりにしたいところだ。君面白くないよ、ワンパターンでつまらないよ、飽きた、なんて言ってたから、タイラントがキレたのかもしれない。これでもかというくらいにクリアを必死に妨害してくる。バイオでこういう苦労の仕方をしたのは初めてかもしれない。ラジコン操作時代のやりづらさとTPS時代の面倒さが相まって、今作は最凶に思える。バイオの悪いとこどりだ。あくまでリメイクだな、進化とは言えない、時代に即していない、中途半端、予想を裏切り上回る?(笑)、と愚痴をこぼさずにはいられなかった。ヤバい、非常に疲れている証だ。早くクリアしよう。

ロケラン

ロケランキタコレ

上から来るぞ!気をつけろ!がこん!黒いシルエット(エイダ)によって投下されたのは、そう、ロケットランチャーである。ああ、そうか、これがないと終われないよな。だがこれはエイダの罠である。焦って拾いに行こうとすれば、タイラントの爪の餌食になるだけ。エイダはまださっきのことを根に持っているようだ。一旦、タイラントを避け、遠くに誘導し、それからロケットランチャーをゲット。さっそく装備。が、重い!動きが遅くなる!これも罠か!急げ早く撃て、タイラントが来る!焦る気持ちを抑え、クイックターンし、狙いを定め発射。どーん!しかし、1発では死なないようだ。もう1発。さらにもう1発!無我夢中で撃った。すると、ムービー!スーパータイラント撃破である。下半身だけになったタイラント。これもHARDCOREであることの象徴かもしれない。(ロケットランチャーの発射演出がなかったのは本当に残念無念。決めゼリフも欲しかったところ)

最後の一撃は呆気ない

最後の一撃は、呆気ない。

とにかく疲れた。もう終わりにしたい。リフトを降りると、扉を破り大量のゾンビが湧いてきた。でも、ロケットランチャー最後の1発であっさり一掃。というか、対戦車用武器を2回耐えるタイラントって狂ってるよね、と改めて思う。奥に進むとムービー。これで終わりだろう。あ、でも、いや、まさか、いや、ないはず。レオン表ルートではなかったはず。あいつは倒さなくてよかったはず。確かクレアルートだったと思う(「でっかいGがいただけよ」なんてキザなセリフがあった気が)。走って列車に何とか乗り込むレオン。エイダとの思い出を振り切り、車内に入る。すると、クレアと少女が一瞬映り、それからクレアの笑顔がアップになって終わり!しゅ~りょ~!!よかったー。

エイダ

グッバイ、エイダ…

くぅ~疲れましたw これにてレオン編(表)完結です!
実は、ウィリアムとアネットの夫婦喧嘩の影響でウイルスが拡散したのが始まりでした
本当はこんな大惨事を引き起こすつもりはなかったのですが←
せっかくのパンデミックを無駄にするわけには行かないので流行りのゾンビネタで遊んでみた所存ですw
以下、レオン達のみんなへのメッセジをどぞ

レオン「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」
リッカー「いやーありがと!
私のかわいさは二十分に伝わったかな?」
タイラント「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」
マービン「見てくれありがとな!
正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」
ゾンビ「・・・アリガト」ベチョ
では、
レオン、リッカー、タイラント、マービン、ゾンビ、俺「皆さんありがとうございました!」

レオン、リッカー、タイラント、マービン、ゾンビ、「って、なんで俺くんが!?
改めまして、ありがとうございました!」
本当の本当に終わり

クリアタイム

思ったより早かった…かな

クリアタイムは、11時間21分。リトライとトイレタイムとエイダ観察タイムを含めると、16時間53分(RE.NETで確認)。セーブ回数は27回。ランクC。うーん。プレイ時間のほぼ3分の1はリトライ時間(無に帰した人生)か…。HARDCOREより上の難易度はないようだし、素直にSTANDARDから始めるべきだったと思う。HARDCOREより難しいのあるでしょ、と思ってHARDCORE選んだのに拍子抜けだ。今後もしかしたらさらに上の難度が追加されるかもしれない。拾ったインクリボンはすべて使用したので、HARDCOREのセーブ回数上限は27回なはず。終わってみると案外セーブできた気もするけれど、好きな時に止められないというのはやはり辛かった。RE:2は、歴代バイオの中で屈指の難度を誇るのではないだろうか。(7は途中だけど)

クレア2ndへ続く

HARDCOREより上の難易度追加されそう

ストーリー的には、クレア編(2nd)をプレイしないとオチなしな感じになっている。オリジナルと同じようにRE:2も4通りプレイしないといけないようだ。だいぶ操作にもなれたし要領はつかんだので、次はもっと楽になると思うけれど、今はまだあまり食指が動かない。もうお腹一杯感がすごい。そのうち残り3パターンプレイして、いずれプラチナトロフィーも取得したいと思う。レオン編のクリア率は50%ほど、レオン編HARDCOREクリア率は5%ほどなので、まだかなり少数派みたい。1周目にHARDCOREをクリアした人に限るともっと少なくなるはず。ほんと、いきなりHARDCOREなんてやるもんじゃない。とりあえず4通り全部終わるまでは、レビューも攻略も見ないようにして、バイオRE:2ワールドに浸りたいところである。

クレア編2ndへ続く…

→NEXT 『バイオ RE:2』Zver.プレイレポート⑫~レオンはわしが育てた by ラクーンシティ

←PREVIOUS 『バイオ RE:2』Zver.プレイレポート⑩~エイダアアアアアイアアアウィルァアルウェイズラァァァァビュウウウウウアアアア~