~悲しみ、そして、新たな地へ~【ドラクエ11プレイ日記No.7】

悪い予感は当たってしまうのか…!?

イシの村にたどり着くと、なぜかカミュがいなくなります。

村は大丈夫、何にもなってなさそう…

と思いきや、様子が違います。

泣く少女

ああ、この少女は!

幼きエマ

なんと!エマが小さくなってます!昔のイシの村に来てしまったようです。

ということは、やはりエルヴァもいるのか…?

テオじいさん

村では誰も大きくなったエルヴァのことは分かりません。
しかし、赤ん坊のエルヴァを拾った『テオじいさん』(オープニング参照)だけは理解してくれました。

これまでのいきさつを話すと、「未来の」エルヴァのためにアドバイスをしてくれます。
イシの大滝の三角岩の前を調べろ、とのこと。

消えていくテオじいさん

テオじいさんは消えていきます。

幼きエルヴァ&エマ

幼きエルヴァ&エマ。

彼らも薄れて消えていきます。

はっと気が付くと、現実の世界に戻っていました。

しかし、そこに広がる風景は、いつものイシの村ではなく…

デルカダール軍に破壊されつくされた村の跡。

励ますカミュ

エルヴァを励ますカミュ。

自宅跡

イシの村

やはり、こんな展開か…
勇者の村は滅ぼされる運命なのか。
エマやぺルラおばさんは無事なのだろうか。(まさか殺されてはいない…よね)

イシの大滝へ

イシの大滝

テオじいさんの助言どおりイシの大滝に来ました。

三角岩

三角岩の前を調べると…
宝箱が埋めてあり、二通の手紙と不思議な石が入っていました。

一つはエルヴァの母親であるユグノア王妃の手紙、もう一つはテオじいさんの手紙。
石は「まほうの石」で、旅の扉を開けるのに必要なようです。

なるほど、これで新たな大陸に行けるようになるのか…

旅の扉へ行く前に…

行方知れずになっていたレッドオーブが近くのデルカダール神殿にあるそうなので取りに行きます。

神殿内部では、こんなことも。
モンスターに乗れます

キラキラ光るモンスターをやっつけると、そのモンスターに乗れるようになりました。
これは面白い!
人では行けないところに行けるようになるみたいです。

カミュとの新たなれんけい技も。
お宝ハンター
その名も『お宝ハンター』。ダメージを与えつつ、アイテムを盗めます。

そして、ボス撃破。
ボス

無事レッドオーブを回収できました。

旅の扉から新たな地へ

そこに現れたのはデルカダール王の右腕『グレイグ』将軍。

グレイグ

本当にしつこいな…
君は前回スクショとってないんだよ

またもや逃げることになる二人。誤解が解かれるまでずっとこんな逃走劇なのでしょうか。ドラクエとしては新しいですよね。

馬で逃げる二人

旅の扉まであとほんの少しなのに…

エルヴァの乗っている馬が矢で射られます。

輝き始める「まほうの石」。旅の扉も光を放ち始めます。

光るまほうの石

あとほんのわずかのところで、カミュの馬も射られ、振り落とされると、

走り出す二人

走って逃げるしかなくなりました。
ギリギリのところで追手を振り切り、エルヴァたちは光に包まれます。

悔しいのう
悔しがるグレイグ。ざまあ

新たな舞台

トロフィー獲得

まほうの石の力で二人は「ホムスビ山地」にワープ。

今回は非常に忙しかったですね。スクショをとる暇がないくらい夢中になってました。
そのおかげで話がつながらない…まあ、いっか。

しかし、本当に悪い予感は当たってしまいましたね…。

今後の展開はもう予想しない。

プレイ日記の続き⇒~ベロニカ&セーニャ登場!~【ドラクエ11プレイ日記No.8】