感想&評価『セインツロウ IV リエレクテッド』をレビュー~暴れまわりたいならこのゲームにおまかせ~

セインツロウ IV リエレクテッド感想評価レビュー

『セインツロウ IV リエレクテッド』(PS4)のプラチナトロフィーを取得したのでレビューします。

冒頭からハチャメチャな感じで、常に斜め上を行く展開に圧倒されっぱなしで、数々のふざけた要素を受け入れるのに苦戦(笑)

しつつも、ストーリー終了まで実に楽しめました

プレイ時間:40時間(プラチナ取得まで)

街で暴れまわり殺戮の限りを尽くすことができる

ストンプ

まずこのゲーム。主人公がアメリカ大統領です。
前作経験者なら把握済みなんでしょうけど、シリーズ初心者の私はぶっとんだ設定だなあと驚嘆。
(へえ、そういうのアリなんだ、と思いましたね。日本のゲームで総理大臣が国民を抹殺していたら問題になるでしょうし。まあ、それはあながちフィクションとは言えないか

さらに、突如、宇宙人(エイリアン)が襲来
主人公はシミュレーション世界に捕らわれることに。
よって、現実ではできないことができるし、街の人々は実在していないので、何をしても倫理的にはOK!ということなのでしょう。
街で暴れまわることができます。殺戮の限りを尽くすことができます。
これが新鮮で本当に楽しめました。

スーパーパワーで暴れまわる!

シミュレーション世界なので、なんでもやりたい放題

1.猛スピードで走れる

超高速で走れる

人や街灯・信号機、車などを蹴散らしながら超スピードで走れます。壁を走って上ることも可能。
これはほんとに好き。やっぱり人類の夢だと思うんですよね。超高速で走ることって。
こんなふうに、ボルトも真っ青なスピードでスタミナが切れることもなく走り続けられたらなあ。

2.ものすごい跳躍、からの滑空

セルフスカイダイビング

ビルを軽々越えられるくらいジャンプし、そこから手足を広げ、滑空することができます。

ウイングスーツなるものが現実にはありますが、あれって本当に飛べるんでしょうかね。
怖すぎるでしょ。ねじがぶっ飛んでなきゃあんなことできないと思います。
せいぜいバンジージャンプかスカイダイビングくらいにしとくべき(笑)

現実ではほぼ不可能なので、ゲームで楽しみます!
(死なないという確実な保証があればやってみたい…かな)

3.特殊能力がたくさん

テレキネシス

身体能力が優れているだけでなく超常的なパワーも使えます。

  • テレキネシス:人や車、戦車をも持ち上げ投げ飛ばす
  • ストンプ:地面を力強く踏み、周囲のものを吹き飛ばす
  • ブラスト:敵を凍らせたり燃やしたりできる
  • バフ:体に炎や雷をまとえる

とにかく主人公は最強です。いろいろできます。

武器も豊富なので、殺戮を工夫できる!

ブラックホールランチャー

スーパーパワーだけでなく、トンデモ武器で殺戮するもよし!

例えば、小型ブラックホールを発射して敵を吸い込んだり、敵をアブダクション(UFOから出る光で吸い込まれるあれ)したり、敵を踊り殺させたり、破裂させたりなど、なんでもござれ。

もちろん、バットやショットガン、ロケットランチャーなんていう普通の武器もあります。


ストーリーは意外に熱い

ユニークな仲間たち

冒頭から笑わせにきます。
映画アルマゲドンのあの名曲が流れてきたときには、演出も相まって「あ、このゲーム名作に違いない」と思わされました。ホント、あの曲はすごい。

主人公は地球人代表としてエイリアンたちに戦いを挑みます。
どんな危機的状況でも軽口や皮肉を言いながら切り抜ける主人公や仲間たちがカッコいいんですよね。

ハリウッド映画的な要素を含めつつも、うまくゲームに落とし込んでます。
非常に楽しめました。

ストーリー攻略中にこなすアクティビティがユニーク

一番ウケたのが、「保険金詐欺」のアクティビティ。
自ら車に突っ込んでお金を稼ぐミッションなんですけど、普通、こんなの思いつかないですよ。
勢いよくぶつかると、はるか上空に飛んでいくことも(その分、金額が増える)。
嬉々として車にぶつかり血だらけになる様がなんとも言えない感じで、むしろ、感動さえしましたね

他にも、走るスピードを競うレースや謎の球体を操りできる限り街を破壊するアクティビティなどもあり、シミュレーション世界ならではの遊び方が実に面白かったです。

気になったところを挙げるなら…

似合ってない

おおむね満足なのだけど気になるところもありました。

贅沢な悩みというべきか、いろんなことができすぎて逆に飽きる!のです…。

敵の種類が少ないこととエリアが狭く似たようなマップばかりなのが、それを助長させます。

特定の武器や特殊能力でしか倒せない敵がいれば(工夫しないと倒せない敵がいれば)、全然違ったかもしれません。

なので、ひとまずサブクエストはほどほどにしてストーリーを進めるのがいいでしょうね。

まあ、これらはいくらでも改良できる点なので欠点というほどのものではないかな。
次回作に期待します。


日本人には絶対に作れないゲーム

空き缶?

常にやることが斜め上で、予想ができません。
おまけエピソードによると、ラスボスと映画に出演してることになってるし。

元がPS3だからかグラフィックはちょっと残念ですが、Ⅴ(次回作)が出るとしたら期待せざるを得ないですね。

「面白い」という表現が本当に適しているゲーム。

息抜きに一つストーリーを進めたり、
気分転換に街中を走りまくったり、
ストレス解消に人々を殺戮したりするのが、
このゲームの正しい遊び方だと思います。

キャラメイクも面白い

車を運転していてイラっとしたときにはこのゲームで発散しましょう。
交通ルール守れや!うおおおおおおっ!!

超能力があるのが「斜め上」に大いに貢献しています。
ぜひとも続編でもスーパーパワーはあってほしい。

超人的なパワーを手に入れたい方、現実逃避したい方に特におすすめです。


以上、『セインツロウ IV リエレクテッド』のレビューでした。